肌の休息と肌質に合ったスキンケアの方法

乾燥肌や敏感肌の人は、普通肌の人に比べて何か特別なスキンケアをしなければならないと思いがちです。スキンケアをしないでいることも肌の負担になりますが、やり過ぎてもいい結果は得られません。肌が疲れていると思ったら、その日はメイクをしないで、お肌に休憩を与えてみるのもいい方法です。肌トラブルを回避するには、肌を休ませる日も必要だといいます。仕事や外出時などメイクをした日の終わりは、時間を掛けてしっかりとクレンジングすることが必要です。日中、皮脂の分泌によってテカテカになったTゾーンは、普段の洗顔料の他に、洗浄力のある洗顔クリームなどを使って顔をよく洗います。肌荒れがひどくメイクを控えた日は、かなり低めの温度のぬるま湯で、洗顔料をつけずに洗顔しましょう。肌の乾燥対策として化粧水を使うことは基本ですが、化粧水をつけると皮膚がぴりぴりするなら使わないのもいいでしょう。お肌の乾燥が気になるポイントには、保湿剤が使われているスキンケア用品が有効です。アンチエイジングに効果のある成分が含まれているクリームや乳液は、スキンケアのフィニッシュに効果があります。脂性肌にはベタつかない成分のものを、敏感肌には刺激の少ない成分が配合されたスキンケア商品を選択するのがベストと言えます。市販のスキンケア用品は、年齢や肌質に合わせて様々なものがありますので、自分の肌質を把握することがまず一歩です。減塩食 宅配